ヨガとポッドスポーツでロハスな生活!

アクセスカウンタ

zoom RSS “岩盤浴文化”の構築を目指す日本岩盤温浴協会

<<   作成日時 : 2007/02/24 03:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

【PR】  お子様の運動不足が解消される理由は体育家庭教師にあり


【PR】  最高級なロハスなダイエット・ヨガはこちら  【注目】


【PR】  京都で体育家庭教師と伝統文化を学ぼう


【PR】  受験対策と国語力がアップの秘訣は「も・の・か・き・名・人。」にあり



温めた鉱石の上に横たわり、湯を使わないでカラダを温める温浴法「岩盤浴」は現在、全国で1500店以上が営業されるまでになった。岩盤浴の歴史は古く、中国では紀元前数千年から“温石療法”という医療分野が確立され、イスラム圏でもこの療法があるようだ。日本では、秋田県・玉川温泉の入浴モデルが始まりとされ、その後、北海道、九州を中心に全国に広まり、中小企業、個人を中心に「健康」と「リラクゼーション」を軸に発展した。主な特徴である遠赤外線、マイナスイオン作用により“美”の改善効果が見られることから、特に20〜30代の女性の支持を受け人気が上昇した。
 一方で、科学的・学術的検証が成されていないのが岩盤浴の実態でもある。こうした中、週刊ポストが『大ブームの岩盤浴は細菌・カビがウヨウヨ』(2006年9月15日号)と岩盤浴批判を特集したものだから、利用者が減少し廃業に追い込まれる店まで出てきた。その後も、衛生管理面を不安視する声や店舗スタッフの岩盤浴に対する知識、教育不足を指摘する声が全国の岩盤浴店舗に寄せられるようになった。

 やはり、岩盤浴は短期間で消え去る一過性の施設だったか…と思われがちだが、消滅方向に向かわないのが現実だ。その根幹には、日本人が“温浴文化”と“入浴文化”を持ち備えている民族であることと、これからの岩盤浴・温浴事業は既存の店舗事業はもとより、スポーツ・ジム関連、デイケア(老人介護医療)、ヘルスケア、医療機関、整体・針灸、一般家庭浴、飲料関連など様々な市場への有効活用の可能性を秘めているからだ。


全国から170社・220人が集まり熱気に包まれる日本岩盤温浴協会の発起会



岩盤浴の未来像を語る“汗博士”として有名な五味クリニック院長の五味常明氏

 07年6月には、健康・美容・リラクゼーションを科学的視点で分析し、“岩盤温浴文化”の構築を目指す特定非営利活動法人・日本岩盤温浴協会(通称:JSPSO=Japan Stone Plate Sauna Organization)が法人化される。この協会は、“汗博士”として有名な五味クリニック院長の五味常明氏から「一般の人々に、本当に良いものを、正しい理解のもとに、日常生活の中で末永く定着させることが、岩盤浴本来の進むべき道であろう」との声がかかり設立されることになった。法人化に先立ち、2月12日(月)には都市センターホテル(東京都千代田区)で日本岩盤温浴協会の発起会が開催され、会場には定員一杯の170社・約220人の岩盤浴関係者が全国から集まり、熱気に包まれた。

 主催したのは日本岩盤温浴協会設立準備委員会で、構成メンバーはアイクロス梶A潟Aスクリンク、鰍たためや、潟Gコテック、階-2、昭和化学工業梶Aベンチャーマテリアル、潟潟Wューの8社。仮事務所を潟潟Wュー(東京都台東区上野2-14-22 明治安田生命上野公園ビル6階 Tel./Fax.03-3833-1103)に置く。さらに、医療・研究団体やドクターとのバックアップ、サポート体制として、五味常明氏(五味クリニック院長)、大河内正一氏(法政大学 工学部物質化学科 教授)、岡島 敏氏(法政大学 名誉教授)、加藤尚之氏(東邦大学 医学部化学研究室 助教授)、片岡喜直氏(昭和大学付属豊洲病院 内科講師)、木ノ本雅通氏(バイオメディカルサイエンス研究会理事)、三好哲夫氏(バイオメディカルサイエンス研究会)の各氏が登録されている。

 発起会では、五味常明氏が岩盤浴の未来像を熱く語る中で「岩盤浴は日本人の体の五感・頭・心の3つが一体となり、文化としての価値を成し、広く文化として受け入れるために、絶対に安心・安全・健全が求められる。岩盤浴は日本人の畳文化とも共通する。岩盤浴の普及活動は、まさに岩盤浴文化の構築そのものである」と宣言した。そして、片岡喜直氏「岩盤浴の効果-内科的視点」、岡島 敏氏「遠赤外線理論-岩盤浴編-」、大河内正一氏「岩盤浴におけるアンチエイジングについて」、三好哲夫氏「衛生管理と対策」の特別講演があった。また、岩盤浴の天然鉱石に使用されるブラックシリカの産地として名高い北海道上ノ国町の工藤昇町長が「週刊誌で叩かれた程度で岩盤浴が無くなるならば無くなった方がいい。我々は一枚岩となって岩盤浴を文化として発展させる覚悟だ」と挨拶した。

 協会は活動として、衛生面、安全面や広告表現に関することなど各種の基準設定に取り組むほか、資格認定セミナー(岩盤浴アドバイザー、トレーナー認定)や商業展示の企画開催、遠赤外線と衛生検査の測定事業なども行う方針であり、これらは岩盤浴が将来へ発展するための指針づくりと言える。一刻も早く実現してもらいたい。

産業タイムス
http://www.shogyo-shisetsu.jp/article/mutter/mutter137.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岩盤浴情報リンク集
岩盤浴に関する類語・リンク集 ...続きを見る
岩盤欲
2007/02/24 09:20
スポーツバッグ
スポーツバッグの手入れ方法は?などスポーツバッグの口コミ情報です。 ...続きを見る
スポーツバッグ、口コミ情報
2007/02/24 10:23
ロテンガーデンの岩盤浴
ロテンガーデンの岩盤浴について ...続きを見る
ロテンガーデンの関連情報サイト
2007/02/24 12:46
【受賞記念セール・50%OFF・送料無料】レスポートサック ハンドバッグLeSportsac Cit...
レスポートサックの横長スポーツラインのハンドバッグです。内部の容量もたくさんある上に、ファスナーポケットやサイドのマグネット式ポケットにより、小物類もたくさん入ります。ぜひ毎日使うバッグとして使って頂きたいレスポートサックですね。おしゃれなフォルムもとっても魅力的です!レスポートサックオリジナルナイロンは、軽くて丈夫だから、持ち運びにも最適♪水洗いもできちゃうから便利です。 ...続きを見る
レスポートサック大図鑑
2007/04/16 15:18
秋田県「玉川温泉」
秋田県「玉川温泉」の豆知識です ...続きを見る
お得情報の豆知識
2007/04/21 23:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“岩盤浴文化”の構築を目指す日本岩盤温浴協会 ヨガとポッドスポーツでロハスな生活!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる